top of page

ジウブの手記(10ページ目)

経歴のために不興を買って、殺されてしまうのだろうか?

突然私はすべてを理解した。急に気が付いたのだ。何か理由があるからこそ、ここに連れて来られたのだと。私はあの灰捨て場で死ぬはずだった。だがヴィベク王は、その私の中に1000年に一度の逸材を見出し、私を死の運命から救おうと決められたに違いない。

このようにして私は聖人への道を歩み始めた。このようにしてジウブの栄光は始まったのだ!

bottom of page