top of page

ジウブの手記(1ページ目)

私は猟師だ。私は解放者だ。私はジウブだ。

私が栄光を手にするまでの物語は、モロウィンドの灰捨て場から始まる。私は武器を脇にぶら下げ、ひとりシルトストライダーに乗っていた。焼けるように熱い風が顔を突き刺した。困難だが、ダンマーの生き残りのためには避けることのできない旅だった。ある疫病がアッシュランドを横切って忍び寄りつつあったのだ。

bottom of page