top of page

ジウブの手記(4ページ目)

ストライダーも疲れ始めていたが、諦めるわけにはいかなかった… この邪悪な獣どもを、最後の1匹に至るまで抹殺すると誓ったのだ。まだその誓いを捨てる気はなかった。奴を仕留めるなら、急がねばならなかった。

私は背中から長い弓を引き抜き、最後の矢をつがえた。そして深呼吸をすると弓を引き、クリフ・レーサーに狙いを定めようとした。獣は遠ざかるし、

bottom of page