top of page

釣りの極意 第2巻



釣りの極意

第2巻


著者

深海を泳ぐ者




雨でも晴れでも魚は食いつく! いや、晴れの日に釣れる魚もいれば、雨の日に釣れるのもいる。今度の授業では、後者に焦点を当てる。


この指南書に出てくるのはスカイリムの温暖な地域で、雨になると水面に出てくることが多い魚だ。雨が好きだと言う者もいれば、太陽を嫌う根暗な魚だと言う者もいる。


本当は頭上にある水面で起こる波紋のダンスを見るのが好きで、祭りに行きたがっているんだろう。魚だって時には楽しみたいんだ。


釣り場に関しては、この優れた指南書シリーズの第1巻を参照のこと。場所は同じだ。違っているのは… 雨だ! たまにはホワイトラン東部のホワイト川沿いで釣ってみよう、そして川沿いに南へ下り、イリナルタ湖まで足を伸ばそう。




ナマズ


温暖な湖で釣れる

大型

よく釣れる

雨天時に見かける


ナマズはとても大きく、好奇心の強い魚だ。ヒゲで見分けられる。自由に泳げるような大きく温かな湖なら、スカイリムのどこにでもいる。


ナマズにネコみたいなヒゲはあるが、ニャアとはいわないし、泥棒もしない。小銭入れをぶら下げていても、取られる気遣いはない。




パールフィッシュ


温暖な湖と川で釣れる

小型

滅多に釣れない

雨天時に見かける


お次はパールフィッシュだ。ナマズほど頻繁には釣れず、なりも小さい。だが、それでもやはり可愛らしい魚だ。


余談だが、パールフィッシュは真珠を持っていない。名前の由来は北の岸辺で貝のそばに集まる様からきている。貝魚と呼ばれないのは妙な話だ。




ピグミーサンフィッシュ


温暖な湖で釣れる

小型

よく釣れる

雨天時に見かける</font>


太陽という名前がついた湖の小魚だが、雨の時によく釣れる。魚が嘘つきだと言っているわけじゃない。だがこの魚の名付け親に万一会うことがあっても、そいつを信用しちゃダメだ。晴れの日にも見つかるが、嵐の中の太陽ほど珍しい。


イーストマーチに立ち寄って温泉を楽しむ旅行者がこの魚をよく見かける。リラックスして油断していると、驚かされるぞ!




スペードフィッシュ


温暖な川で釣れる

小型

滅多に釣れない

雨天時に見かける


スペードフィッシュは円盤のような形をしていて、ブラシのような歯が生えている。食いついた時、針をピカピカに磨いてくれるかもしれない。


彼らを釣るには川を狙え。リーチの滝つぼで跳ね回るのが好きだと言う噂を聞いたことがある。




雨の日の釣り指南は以上だ。こいつらは雨の日に釣れる多くの魚の中の、たった4種でしかないことを忘れるな。だから狙った魚が釣れるまで、粘り続けろ。


腕に自信がなくても、弱気になるな! 魚には自信のない釣り糸が分かるんだ! 群れのみんなにお前がヘボな釣り師で、エサが骨の罠のように震えてたと言いふらされるぞ。そんなマネをさせるな。


この指南書の魚が釣れたら、精鋭へ昇進したことになる!



bottom of page