top of page

釣りの極意 第1巻



釣りの極意

第1巻


著者

深海を泳ぐ者




釣りのやり方を学ぼうと言うのだな! そいつはいい! 釣りってのは気高い事業で、しかも修練を積めば儲かるようになる。


覚えておけ。どんな旅も最初の一歩からだ。しかもその一歩はほぼ無様で、すっ転び顔から着地するハメになる。だから最初の授業は、穏やかな空とよい日和を選ぶよう勧める。最もしょぼい釣り針にでも、魚が喜んで食いつてくれそうな時を。


この指南書では初心者に理想的な4種の魚について解説する。彼らは晴れた日に、雪と氷のない、スカイリムでも比較的穏やかな地方の小川や湖にいる。


こいつらが釣れる場所は枚挙にいとまがないが、魚釣りの旅の最高の幕開けはリフテン水産のそばの港から、ホンリッヒ湖に糸を垂れることだろう。


湖の魚を堪能したら西に向かって、イヴァルステッド沿いに流れる川で釣るといい。宿屋「ヴァイルマイヤー」で疲れた腕を休め、腹を満たせ。



コイ


温暖な湖と小川で釣れる

大型

滅多に釣れない

晴天時に見かける


コイはカース川の首長と呼ばれる魚だ。威風堂々としていて貫禄がある。そう聞くと、やたら硬くて噛み切れないような気がするが、そんなことはない! 鱗が膨らむまで食らえ!


コイは多くの理由からとても人気が高い。ペットとして飼っている者もいるほどだ。だが大抵の生け簀には大きすぎるから、食べてしまったほうがよい。




ガラスフィッシュ


温暖な湖で釣れる

小型

よく釣れる

晴天時に見かける


ガラスフィッシュはよくいる魚で、窓のように透けている! 内側は我々とそう違わない。釣るのに絶好の頃合いは晴天だが、運が良ければ雨の日でも釣れる。


本来の生息地は地下深くの水脈だが、産卵のため暖かく透明な外の湖へ地下から上がってきた時に釣れる。


ガラスフィッシュを食べれば、食べた者もガラスのように透明になると言われている。




金魚


温暖な湖で釣れる

小型

滅多に釣れない

晴天時に見かける


金魚は優しさで知られている。喧嘩するより話し合いで解決するのを好むんだ。とはいえ、お前の釣り針と仲良しになってくれるわけではないから、他の魚同様にたらしこまねばならない。


ガラスフィッシュと同じく、彼らは川にいない。小さな湖の底でゴールドがきらめいたと思ったら、人懐こい金魚がこちらを見つめてるのかもしれないと思え。




ポグフィッシュ


温暖な川で釣れる

大型

よく釣れる

晴天時と雨天時に見かける


長く、明るい色をした魚で、銀の鱗と爪のような形の口をしている。ヴィリヤにポグフィッシュをどう思うか聞いてみよう。マッドクラブと同じくらいに好きかもしれない。


ポグフィッシュは雨の日にも見つかる。彼らも時には憂鬱になるのかもしれない。


ポグフィッシュは強力なヒレを使ってスカイリムの川を上下していて、特にリーチに多い。川沿いで釣りをしていれば、あっという間に爪のような顔をしたこの魚がルアーに食いつくはずだ。



これらの魚を全部釣り上げたのならおめでとう! 初心者を卒業して見習いだ。その気があったら、いつでも釣った証拠をリフテン水産に持ってこい。コレクションに追加できる友達は、いつでも歓迎する!



bottom of page