top of page

裏切られし者



裏切られし者



イングウェ・エメロス 著



ファルメル語からの翻訳:

マルカルスのカルセルモ




そして雪の王子が地に落ちし時、


氷のエルフは天と地に分かたれぬ。


今や打ち負かされ、自由なき身、


知恵の全ても瞬く間に損なわれた。




かつてその肌をなでし涼しき風は、


今や炎の焼けつく熱さに代わりぬ。


かつてその奥底にありし誇りは、


その名と共に忘れ去られぬ。




氷と霜の故郷より引き離され、


恐ろしき闇夜に捨て去られぬ。


恐れの中で生きる内に、


その瞳と心は曇り行きぬ。




奴隷として鎖をかけられ、


かつての光は暗闇に変わりぬ。


頼るものなく、裏切られ、


迷妄の深みに沈みゆく。



bottom of page