top of page

ラリス・セダリスの日記 第22巻

ラリス・セダリスの日記 第22巻

我が姿なき友がもたらしてくれた慰めがなかったら、私はとっくにこの場所を逃げ出していただろう。相手が集団ではなく、多数を内包する1人の主であることに、もっと早く気づけば良かった。彼は私を墓地に対する真の理解に導いてくれた。その彼に、私は是非とも会いたいと思っている。

この場所に対する私の理解は、今やとても直観的で根本的なものとなっている。まるで自分がここを建設したかのように感じるほどだ。作業員たちにタイルの用法を説明したが、皆あまりに怖気づいているか、体を上手く操れないかで、正確に素早くそれぞれのタイルを踏むことはできそうになかった。だが問題ない。主に解決できない問題などあるわけがない。

遠からず我々が正式に言葉を交わせる時が来るはずだ。

bottom of page