top of page

匿名の手紙



スカイリムの息子たちへ


私が誰であるかは、私が知っていることほど重要ではない。私は帝国の者たちの友人ではないと言うにとどめておこう。


様々な方法で私は[執政名]が自身の過去において、かなり恥ずかしい軽率な行為をしてきたことが分かった。


また、愚かにもこの件に関する証拠を隠していることをたまたま知った。


証拠を見つければ、[ホールド名]での戦いを助けるよう“説得”できるかもしれない。


帝国と自分の身、どちらかを選ばせたらきっと後者を選ぶだろう。


敬具


真のノルドより



bottom of page