top of page

告発の手紙



最愛なるアヌリエルへ


首長はあなたを執政として任命するという、素晴らしい見識を表しました。執政は狡猾さや品位、さらに言わせてもらえば任務を巧妙かつ、慎重に遂行するための才能が求められる、あなたにふさわしい地位です。


あなたは我々の計画において、なくてはならない人となりました。この手紙と一緒に送ったドレスはあなたに満足してもらえるものと信じています。覚えておいてください。私の繁栄はあなたの繁栄にもなるでしょう。


しかし、ホニングブリューの配達物を街に入れないという誓いを忘れないでください。あと私は派遣された衛兵が商品を送り届けてくれるのをまだ待っています。あなたの主人、偉大なライラ・ロー・ギバーは繊細で、その神経を逆撫でしないように時間がかかることは分かります。しかし、本当に長い間待ちました。


あなたが引き続き私に貢献してくれるのであれば、今後もあなた方の面倒を見ましょう。


返事をお待ちしています。


--メイビン



bottom of page