top of page

ヴェリンの手紙




イネドス、


報告は正しかった。レイスガードとサンダーが歌い、聞こえる者に誰彼構わず信号を送っている。どうやってかは分からないが、なぜかは分かる。あれらはヌミディウムでのみ使われるべきものなのだから、モロウウィンドから出すことを許さないのは理解できる。


それを確実にするため、カグレナクが完璧なシステムを構築したに違いない。道具が盗まれるようなことがあれば、ドローンがタムリエル中で起動し、回収しようとする。そしてドローンは、例の品を音の建築家が取りにくるまで宝物庫で保管する。


残念だが思っていた通り、この情報は一部の隊長に我々を裏切らせてコースを変えさせた。奴らはもう秘宝も仕事も気にしていない。貨物を死の罠だと考えて、捨てる算段をしている。


奴らが道具を運んでいたとお前のキャラバンは思っているかもしれないが、サドラスとフラールはホワイトランへくる前に貨物をすり替えていた。そして故意に回収ドローンへ引き渡した。幸運にも、ドローンがウィンターホールド付近の宝物庫にいるのを突き止めた。地元の連中がサイトレス・ピットと呼んでいる場所だ。宝物庫がアチューンメント・クリスタルで開くことも発見したので、手紙に同封しておく。私は戦士ではないから、あなたがいなければ中へ踏み入る気にはならない。


このメッセージが部隊に間に合ってくれるといい。私たちは似た者同士だ。私は学者として、秘宝が主人のもとに届けられるのを見たい。そしてあなたは任務を放り捨てるような者ではない。あなたと仲間が北に戻り、過ちを正してくれると信じている。


ヴェリン



bottom of page