top of page

故郷からの手紙



親愛なるエミールへ。彼らがあなたを私から引き離し、外国の戦場へと連れて行こうとしています。あなたを引き止めることはできないのですよね。それがあなたの務めであり、私はあなたの妻としてその務めを尊重すべきなのですから。ですがもう二度と帰って来てくれないのではないかと、不安でたまりません。


だからこそ、私の家族のペンダントを同封しました。これには守護魔法が込められています。どうかいつもこれを身に着けて、私のことを思っていてください。務めから引き止められないとしたら、せめてあなたを見守らせてください。そしてきっと、また私の元へと帰って来てください。


あなたの最愛の


エマより



bottom of page