top of page

大崩壊について

大崩壊について

ウィンターホールドのヴァルディマー首長へ、

まずは、心よりお悔やみを申し上げます。他の多くの人と同じように家族を失われたと伺っています。誠に御愁傷様です。

そちらの議会で、この大災害の責任を我々の大学の仲間の責任にした者がいます。最近の出来事に対して動揺が起きた事は理解できますが、すべての状況を考慮するよう強くお勧めします。

大学の歴史とウィンターホールドでの評価を誰よりもご存じでしょう。これまでずっとあなたの街の誇りであり、スカイリム固有の存在でした。最も偉大なウィザードの中にはここで学んだ者もおり、大学は常に他のタムリエルの地方とも良好な関係を進展させてきました。

関係がここ数十年は緊張と言える状態になっていたのは周知の事実です。オブリビオンの動乱の後、たとえ深淵の暁教団の行動に対し、我々の多くの仲間が反撃のため活動的に動いていても、スカイリムの民が魔術師を信用しなくなったのは当然です。大学はそのような反応を予想しており、時とともに不信感が和らいでいくのを願っていました。

その後赤い年が訪れました。レッドマウンテンの爆発や、それによるダンマーの文化への壊滅的な影響など誰も予測していませんでした。あなたの前任者には多くの難民、特に大学の研究に貢献する者達を歓迎していただき、我々は感謝していました。

ソルスセイムがダンマーの新しい故郷として提供された時は、誰よりも驚きました。しかし、すべてのダークエルフがスカイリムを出て行くという明白な期待には賛同しませんでした。ウィンターホールドの多くの民が、移住せずに大学に残った魔術師の多さに残念がっていた事も気づきました。

そして今、1年余りに渡りスカイリムの海岸を荒らしていた嵐がとうとう過ぎ去りましたが、多大な犠牲を払いました。ウィンターホールドを荒廃させたこの大崩壊は、予想外だったと断言します。大学が影響を受けなかったのは、大昔に周辺へ防御魔法をかけておいた証です。我々が大崩壊のために準備をしていたわけではなく、大学には一切の責任がありません。

あなたにウィンターホールドの民へ広がる噂の責任を負わせたりはしません。しかし、その噂が一般的な意見として定着しないようにする事を強くお勧めします。大学は今後もここにあり続けますので、我々の関係がウィンターホールドのように崩壊する事は望んでおりません。

永遠の支持者

アーク・メイジのデネス

bottom of page