top of page

シビ・ブラック・ブライア



手短に我が息子、シビについて書く。息子は、他のブラック・ブライアの一員同様に扱い、息子の要望には異議を唱えることなく、敬意を表して従わなければならない。しかし、彼の自由になりたいという望みは、私の許可なしに聞き入れてはならない。シビは身の程を知らなくてはならない。それを分からせる唯一の方法は息子を監禁することである。


メイビン



bottom of page