top of page

秘められし黄昏


黒の書

秘められし黄昏

カリリウス・メルファス 著

砂漠の上に築かれた都市、インクシーズ。輝きと退廃をまとった街は、まだどうにかその姿を保っていた。その門を通り抜けると、獣の性が私を正しく導いてくれた。物乞いと詩人たちによって歩き尽された道へ、私のような欲求を持つ男が満足を得られる唯一の場所へと。私は誇り高くはない。しかしながら、誇り高い者などどこにいようか。

bottom of page