top of page

繊維と金線


黒の書

繊維と金線

ジェルケセリス 著

私は自分の顔がその内側と同じように強張っているのではないかと思いながら、金属に映り込んだ自分の姿を見つめた。作品に着手してから既に何日も経っており、鍛冶場の蒸し暑さにも参っていた。日が暮れると金属細工の工房に通う習慣になっていたが、今日も例外ではなかった。周囲を取り囲む

bottom of page