top of page

黒の書: 手紙の書き方に関する見識



手紙の書き方に関する見識


透明なる者



恋に冒され、言葉を失い、愛する者を勢いに任せて貪る者を目覚めさせ、我らの歩みを遮ろうとする恐れ知らずな者たちをすべて燃やして空を明るく照らそう。なぜなら我らこそ夜の支配者であり、我らなしで暮らす者は皆死ぬのだから。我々は思考で形作られた知性のワインを飲み、壁に向かって無秩序を嘆く。押し流すために



bottom of page