top of page

マスター・エレインの遺言



お前がこの手紙を読んでいるのなら、私はもう死んでいる。きっとこの運命にお前は微笑んでいるだろう。逆立ちでもしてみるがいい。そうでもしなければ、ただのしかめっ面になる。だがそれはよしてくれ。あまりに芸がなさすぎる。


ちょっとした混沌を喜ばない者がいるか? この文章を空飛ぶホーカーのパンで締めくくろう。お前のしかめっ面が正しい方向を向いているように祈る。


結局、ここには音韻も理性も縁がない。炎は水で上が下。正しいことが間違っている。死は生だ。


そして私の前にダラクがローレスへしたように、今お前に聞かせよう、親愛なる弟子よ。この箱の内側からな。我が道を辿ろうとするなら、慎重になれと賢者が警告するだろう。さもなくば、お前も同じ轍を踏む事になる。


だが私は自分が賢いだなどと言ったことはない。私にとって、死などありふれた冒険だ。探検すべき可能性の一つだ。お前の生も同じであるべきだ。



bottom of page