top of page

オラフ王の詩歌

オラフ王の詩歌

ああ、オラフ、我々の征服者、片目の裏切り者人殺しの悪魔、そしてドラゴンの命を奪う王。

お前の伝説は嘘と偽りで身の毛がよだつずる賢い手でヌーミネックスを捕まえたなんて、永遠の罪だ。

12 2345 123 12345123 123 12312312 1234512

122345 1 23 1234 5123 12 3 1231 23121234512

オラフは約束と恐怖で権力を得たファルクリースからウィンターホールドまで皆が崩れ落ちて膝をついたしかしスカイリムの真の護衛者ソリチュードは断固とした態度を取った。

オラフの仕返しは刹那で、見事で卑劣だった。</font>

12 2345 123 12345123 123 12312312 1234512

122345 1 23 1234 5123 12 3 1231 23121234512

こうしてソリチュードが嘘つきでろくでなしの泥棒オラフを火の中に投げ入れて物語は終わる。

ソリチュードだと吟遊詩人は自分達の仕事のために練習を重ねるだけでなく、報いを受けるべき王を火焙りにするため毎年集まるのだ。

bottom of page