top of page

ソーナーの日記

マダナックは手に負えなくなっている。20年も牢獄生活を送れば、彼のような野獣でも少しは大人しくなると思ったが…。暴動の後、すぐに首長に彼を処刑してもらうべきだったのかもしれない。

しかし、長年に渡るいくつもの“問題”を排除するには彼が必要だった。大げさ過ぎるかもしれない。誰も我々のちょっとした取引のことは知らない。フォースウォーンでさえも知らないのだ。彼らの“ぼろを纏った王”が私の最も重要な人物の1人と知ったらどんな反応を示すだろう?

わずかな反乱の影でも私を巻き込まないほうがいいだろう。私を裏切るそぶりを少しでも見せようものなら、シドハ鉱山の中で獣のように始末してやる。

bottom of page