top of page

The Elder Scrolls Library

タムリエル図書館

ネポスの日記

歳を重ね、罪の意識は強くなる。多くの若者が命を落とした。フォースウォーンの名のもとに… そしてマダナックの名のもとに。

私の王。シドナ鉱山の鉄格子の奥から我々を監視する。どれくらい仕えただろうか? ノルドに対する反乱からだろうか? 今までに、暴力が我々の運命に影を落とさないことがあっただろうか?

導きに従う以外、自分に何ができるというのか?

bottom of page