top of page

サルモール調査 : デルフィン

ステータス: 活動中(捕獲もしくは始末)、優先度高、特使レベル認定

人物詳細: 女、ブレトン、50代半ば

経緯:

第1次戦争でデルフィンは戦略的、政治的な理由のどちらにおいても優先順位の高い目標だった。彼女は自治領内でブレイズが引き起こした最も破壊的な作戦のいくつかに直接関わっていた。彼女は居場所が特定され、すぐに粛清される予定だったが、運悪く戦いが勃発する直前にシロディールへと呼び戻されていた。彼女は戦いの間に3度命を狙われたが、それらをすべてかわし、その内の1回では暗殺チームを丸々壊滅させた。それからというもの、彼女は我々の監視をかなり警戒しているため、彼女の行動については間接的証拠しかない。しかし、彼女はかなり危険な人物として考えるべきで、圧倒的な武力と慎重な準備がない限り、彼女に手を出してはいけない。

作戦メモ:

彼女の居場所は掴めていないが、彼女はスカイリムで我々に抵抗するべくまだ活発に活動していると信じられている。他に活発なブレイズがスカイリムにはいない事と、これまで自分の身の安全のために逃亡中の他のブレイズと接触を避けてきた事(これは彼女が始末されずに済んでいる理由の1つだ)から彼女は1人で活動していると予想されている。彼女の生存は我々全員にとっての侮辱だ。彼女の所在や行動に関する情報はどんなものでも第3特使まで直ちに報告するように。

bottom of page