top of page

山賊の日記1

今回に限っては、本当に幸運だった。ペイル峠が閉鎖し、ヘルゲンが壊滅状態で、最後にニューグラド砦に残った兵士数人は容易に倒せる奴らだった。首長に答える間も与えず、問題なくそこを略奪して帰れるはずだ。



ついに砦の古い図書館への鍵を見つけた。ブランディッシュを送り、そこを調べさせた。普段ならそんな時間の無駄なことはしないのだが、北に住む魔法使いたちが魔法に関する物をいい額で買い取ってくれるという噂を聞いた。現時点で、手に入れられるものはすべてを手に入れる。地下室に大量の腐った食べ物があるが、これは盗むに値するものではない。

bottom of page