top of page

血の付いたのメモ



父が奴らに連れて行かれた。


他にも捕まった人がいたようだが、奴らに連れて行かれ、聞こえたのは絶叫だけだった。


今や父も死んでしまった。


ああ、神々よ。なぜ僕はマニの言葉に耳を貸さなかったのだろう? 父の熱はどんどん悪化し、デイドラのことを呟き続けていた。


父がどこに隠していたのかは分からないが、僕にこのダガーを残した意味が分かるような気がする。



bottom of page