top of page

メモ



スコルムと奴の犬は、我々を決して生かしてはおかないだろう。ソラロドはドラゴンの帰還を予知し、井戸に毒を塗る指示をした。異端者たちの手に陥るくらいなら、我々は死ぬべきなのだ。異端者どもは、かつてドラゴンこそが神々であったことを忘れている。ドラゴンが帰還した暁には、我々に再び命を与えてくださるだろう。




bottom of page