top of page

破れたメモ



奴らは日暮れとともにやってきた。それも凄い数で。キャラバンの護衛たちはあっという間に倒されてしまった。彼らは1人残さず我々を檻へ戻した。反撃を試みた者は視力を奪われた。


彼らは我々を1人ずつ連れ出して行く--おそらく怪物の餌にするためだ。私に残された時間はもう長くない。愛するエイディスよ、もしこの手紙を手にしたら、私を許してほしい。


フィーリル



bottom of page