top of page

メリラーの日記

彼の意図は分かってる。これだけのクモを発見した手柄を独り占めできるだなんて、本気で思っているのかしら? 彼があのクモたちに何をしているのであろうと、今度保安ケージの中に入ったら扉を閉めてやる。そうすれば、彼も私の言うことを聞くより他なくなるわ。

私の頭が正常じゃないってどういうこと? どこも悪くなんかないわ。そっちが私の発見を盗もうとしているんじゃない! こっちが彼のやってることに気がつかないとでも思っているの? 私におかしなところなんてない。何ひとつね!

彼は相変わらず私が正気を失っているかのような物言いをする。私は正気よ! 誰が正気じゃないなんて言った? 私がそう言った? 正気じゃないってのがどういうものか見せてやるわ!

どうでもいい。真の力とは何か、彼にもいずれ分かるわ。メインルームのすぐ外から聞こえる詠唱は、とてつもなく強い力を持つ何かが存在することを意味しているに違いない。そのエネルギーを手に入れて持ち帰ることができれば、どんな発見が生まれるか分からないわよ。

bottom of page