top of page

The Elder Scrolls Library

タムリエル図書館

グラティアンの日記

第四紀10年 恵雨の月30日

今日東帝都社から手紙が届いた。レイヴン・ロック鉱山の第3立坑内で、一部の鉱山労働者が壁を突き抜け、遺跡を発見したという。以前彼らが私をシロディールに派遣したのは完全な失敗だった。今度もまた時間の無駄にならなければ良いのだが。助手のミリアスを呼んで、明日の明け方には船でレイヴン・ロックへの帰路に就くつもりだ… ソルスセイムで懐かしいあの家を見られるのはうれしい。

第四紀10年 栽培の月7日

ついにレイヴン・ロックに到着した。町に住むダークエルフの避難民の数には驚いた。元々鉱業には縁遠い種族だが、いずれは彼らも立派な鉱山労働者になれるのではないだろうか。ミリアスと私は1日の大半を費やして、我が家の屋根に積もった灰を掃除した。あのいまいましい火山は、いまだにほぼ絶え間なく噴火を繰り返しているのだ。すべてを覆う灰さえなければ、ほぼ美しいとさえ思える眺めなのだが。

第四紀10年 栽培の月8日

これからミリアスと共にレイヴン・ロック鉱山へ向かう。鉱山労働者たちが発見したものを見に行くのだ。それが何であろうとも。途中で懐かしのスウィング・アンド・スクープに寄って、物資をいくらか仕入れて行こうと思う。備えあれば憂いなしだ。

第四紀10年 栽培の月9日

鉱山労働者たちがぶち抜いたのは、古いノルドの墓地の壁のようだ。スカイリムでこの類のものを見たことがある… ノルドどもの墓地はそこら中に散らばっているが、そのほとんどは一度も地図に載ったことがない。ここは“ブラッドスカル一族”と呼ばれる何かの墓地のようだ。墓碑銘の写しを取っておこう。そしてもっと詳しい情報がないか、手持ちの歴史書を確認してみよう。

第四紀10年 栽培の月10日

数日経つが、この一族に関する記述がひとつも出てこない。ミリアスと私は先に進む決心をした。かがまなければ進めないところまで来たが、下には巨大な部屋が見えている。かなりの時間を費やして、すべての荷物を下に降ろし、垂直に近い急斜面をはい降りた。

第四紀10年 栽培の月11日

目覚ましい発見の1日だった! 急斜面の下の大きな部屋を探検した際、何らかの台座の上に、今まで見たこともないほど奇妙な刀剣が置かれているのに気づいた。刀剣は、見た目には傷ひとつなく、かすかに冷たい光を放っている。この部屋について書かれた羊皮紙の切れ端を見つけたが、そこでは“ブラッドスカルの刀剣”と呼ばれているようだ。台座から取り外すべきかどうかはまだ判断がつかない。一晩寝て結論を出そうと思う。

第四紀10年 栽培の月12日

自分でも最良の判断とは思えないが、ブラッドスカルの刀剣を台座から取り外すことに決めた。ミリアスは完全に反対のようだが、この墓地を出る方法が見つかった時に、驚くべき秘宝を置いては行けない。

第四紀10年 栽培の月13日

ミリアスの意見に耳を貸すべきだった。刀剣が持ち上がるや否や、ドラウグルが私たちに襲いかかってきた。ミリアスは勇敢に戦ったがやられてしまった。私はどうにか残りの連中を退治したが、深手を負った。立っているのもやっとだ。生き残るにはここを出る方法を見つけだすしかないが、どうも閉じ込められてしまったような気がする。

第四紀10年 栽培の月14日?

探検は遅々として進まない。一度に数分移動するのがやっとで、すぐに休憩が必要になるからだ。物資は底をつきかけており、自分自身も刻一刻と衰弱しているように感じる。見慣れぬ模様が描かれた奇妙な扉を見つけた事が唯一の成果だ。

通り抜けられなかったところを見ると、この模様には何か私が気付いていない意味があるのだ。少しでも先へ進むには、これをもっと研究しなければならないが… 意識を保つのもぎりぎりの状態だ。

問題を解決するにはブラッドスカルの刀剣を使わねばならない。その点はまず間違いない。刀剣を振るうと、超自然的なエネルギーが帯状に放たれているのが分かる。思うに、刀剣を様々な方向に振るって帯を操り、扉が投げかける謎が何にせよ、それを解く事ができるのではないだろうか。早くこれを試せる体力が戻れば良いのだが… 一振りするにも凄まじい努力が必要だ。

最後の記入

どれほどの時間が過ぎたか分からない。そして私は力尽きかけている。もう立つこともできない。傷は一向に良くならない。残念だが、この墓地が私の墓となりそうだ。誰かこの日記を見つけたら、どうかこのメモを東帝都社の上司たちへ届けてくれ。そして、妻に愛していると伝えてくれ。

アーケイが私を永久の眠りに導いてくださいますように。

bottom of page