top of page

吸血鬼の実験者の日記



我が兄弟は定命の者の血に宿る恐怖の味に夢中だが、私は苦痛のほうがより濃厚な甘美さを引き出してくれると思っている。そして、フロストバイト・スパイダーの毒ほど苦痛を与えるため役に立つものはない。


だが、通常のやり方では、フロストバイト毒を収穫する際にクモを殺してしまう。代償も危険も大きな仕事だ。荒っぽい手段で集められる毒は、私がやりたい実験のためにはあまりに少なすぎる。


そういうわけで、洞窟の奥からフロストバイト・スパイダーを捕まえてきた。これで毒を定期的に集められるし、毒はとても強力だ。奴らはある程度の知性を備えていることに気づいた。そこで特定の命令に従わせることを教え込もうとしている。ああ、なんと美味なる体験だろうか。調教したクモに命じて私の獲物をからめとるなんて!


こいつをアラクニアと名づけよう。



bottom of page