top of page

盗賊の日記



蒔種の月4日

やっぱり私はボズマーだから、動物の扱いが得意なんだな! 小さな狐が今日は近づいてきた。とても図々しい奴で、エサをねだりはじめた。手元にはスイート・ロールしかなかったが、気に入ってくれたようだった。この動物を扱う才能は馬にも使えるんだろうか。そうしたら馬泥棒がとても楽になる。



蒔種の月15日

毛の生えたうるさいのにつきまとわれている! どこまでもついてくるんだ。下水の中までもだ。静かにしてるから、衛兵に警戒されないのがせめてもだ…



恵雨の月1日

狐は貴重なものに鼻が利く。今朝、銀のロケットを土の中から掘り出してきた。あいつが地面をほじくらなければ気づきもしなかったろう。光るものに目がないんだな。責める気にはなれない。



恵雨の月9日

スイート・ロールを見つけたのがここ最近で一番の幸運だったと分かった。あいつの目と勘はどんな盗賊よりも優れている。ヴェックスだってかなうまい。こんなに財布が重たくなったのはいつ以来だろうか。歩くと帝国の大隊みたいにガチャガチャ鳴るくらいだ。



恵雨の月25日

この動物を手なずける技を町の外のオオカミに試してみようと思う。最近、他の盗賊に目をつけられているんだ。オオカミを連れていたら、襲うことを考え直すだろう。



bottom of page