top of page

解剖のメモ



番人は儀式に残しておくはずだったが、この者はシルバーハンドと戦った。あいつの主人が誰だったかはっきりしない。


食事のあと、主人に死体を改めるように言われた。我々の状況について他に分かることがないか調べるためだ。


骨格にはほとんど変化がない。血と内臓の標本を錬金術師に運んだ。


肩の噛み傷は興味深い。ウェアウルフによる汚染の可能性は排除せねばならない。



bottom of page