top of page

漁民のメモ



ここは夜が長い。霜が鱗を侵食してくる。だが私は昔から強情だった。殻が分厚い、そう言われてきた。だから諦めなかった。


最初の日々が最も辛かった。巨人たちが潜んでいる中、魚を釣る危険を冒すわけにはいかなかった。だが飢えによって強気になった私は、水に飛び込んだ。すると意外にも、水は穏やかだった。


実際の仕事に関しては、なかなか難しかった。


連絡船業者が言っていたことは嘘じゃなかった。アイアンウッドの皮は、実際マンモスの牙のように堅かった。小さな木の実が実るのを待つしかない。



bottom of page