top of page

エルナンシルの日記



兄弟は昔から強欲な奴だった。パイを一切れ差し出せば丸ごと奪ってくるような男だ。それも恩着せがましい態度で。


だが父なら、奴の嘘を見抜けると思っていた。まさか自分がオークの異父兄弟のような扱いを受け、遺言から外されるなどとは思いもしなかった。


だが、まあいい。ある意味では詩的な出来事だ。父はエスラフという物乞いの本が好きだった。エスラフもまた、父親に何も遺してもらえず、自らの手で奪ったのだ。私は何もかも奪ってやる。



bottom of page