top of page

吸血鬼の洞窟候補



密偵から得た情報は正しかった。ぱっと見は普通の洞窟のような場所だった。


その夜はあきらめて引き返そうとしていたときに、寝床になりそうなほど立派な毛皮を着た貴族たちが現れた。貴族たちは一人ずつ洞窟に入って行き、外にいるのは残り一人になった。そこでその男の肩をたたき、頭蓋骨が砕ける音がするほど思いっきり額をぶん殴ってやった。


無事だとは思うが、糸が切れる音がしていた。チュニックは買い換えないとまずそうだ。



bottom of page