top of page

読み上げてほしい



君たちがこれを読んでいるということは、私はもう死んでいるはずだ。だから心で私の乾杯を聞いてもらいたい。


もちろん、その前にやるべきことがある。私には相続人がいないため、邸宅は君たちへ遺すことにした。ただし、最後にこの食事を済ませてもらうことが条件だ。


ご存じの通り、私は昔から晩餐会が大好きだった。だから最後の晩餐には友人を何人か招くことにしたのだ。


ヴェリン、あなたとは長きにわたって実りある事業提携を行っていたが、あなたは自分の取り分を増やすために帳簿を書き換えた。私が気づいていなかったとは思わないでもらいたい。


マリナ、君は私の初恋の相手だったが、私の最初の過ちでもあった。君の愛情は私だけに向けられていたものではなかったからだ。私は決して忘れない。


イグリット、君は私の被後見人だったが、私にとっては娘のような存在でもあった。だが、娘は遺産を盗もうと企みなどしない。だから父親として、今回の教訓を与えよう。


レヤシル、君とは戦友であり、君との絆はいろんな意味で聖なるものだ。しかし君は生き残るために数々の所業を冒した。当時は見逃していたが、もう見逃すことはできない。


ガルティウス、我がインペリアルの旧友よ、君とはよくスキングラードの「スリリー兄弟」ブドウ園でワインを飲んだものだ。だがある晩、君は飲みすぎ、私の家族を侮辱した。あの時は許すと言った。君が酔っぱらっていたからだ。だがまだ許してはいない。


最後に [プレイヤー名]。君とは会ったことがない。思い付きで招待しただけだ。不確定要素として。君は我が友人たちの運命を変えるかもしれない。あるいは、ただ飲み騒ぐかもしれない。私の来世の運命のように、何事においても、未来はわからない方がはるかに面白いものだ。


それではお酒を楽しんでくれ。



bottom of page