top of page

ベルダーマの魔女のメモ



我々は姉妹のデイネラを何年も追い、羽根や骨を読んできた。ベルダーマの魔女ですら魔術結社の目を逃れられない。


カラスの目を使い、リーチにある祭壇の上にいる彼女を見つけた。年月を重ねても我々の目を欺くことはできない。我々を裏切って騎士のもとに走った女だ。


このような行いには残酷な死がふさわしいが、これはワードマザーの復讐だ。単に裏切者を殺すだけでは物足りない。


彼女の愛する者の心臓を汚し、穢れたまま戻し、奴の魂を永遠に苛んでやるのだ。岩の上で死ぬ時、彼女はそれを知る。



bottom of page