top of page

氷の作り手フギンのノート



自然に産出される原石から適当なサイズと形状のものを見つけるのは困難で



おそらくいくつかの代用技法が まだ説明 時を置かずして従来の方法で研磨するのはほぼ不可能だと気づいた。だがこの素材は実に魅力的だ。私は決意してこれを私の作品に組み込んで


より は 大きな塊を砕くには何度も極端な加熱と冷却を重ねたうえで、 荒々しい力を加えると(注:魔法を使うのが最も現実的)選べる素材の選択肢が広がった。


さらに、破片の形状はツルハシが作り出すクズよりも安定していた。無駄となる分は残念だが、代価を相殺することも


さらなる成型も第二の適当なサイズのスタルリムの破片を使うことでとりわけ満足のいく仕上がりとなった。出来上がりはかなり荒っぽいが、ある種の自然な魅力がある いくらか いくらか は


水銀にはめ込む際は伝統的なノルドのモチーフを使った。完璧だ。人を雇えば、このデザインを再生産できる素材があるから、本土に流通させられる。


ようやくこの私の名声が轟くのだ!



bottom of page