top of page

衛兵の調査書: アントニウス



状況: 活動中(逮捕または殺害)、重要度高


詳細:アントニウス、男性、ボズマー、70代半ば


背景:

アントニウスは元魔闘士で、極めて分析的な頭脳の持ち主であるが、好色な傾向も同様に強いと言われている。ファーストホールドの貴族が彼を指名手配しており、アレニアという王宮魔術師にスクゥーマで毒を盛った嫌疑をかけられている。悪意があったのか、単に彼女を薬物に誘っただけなのかは明らかではない。シロディールから逃亡した後、クリムゾンダークに加わり、魔法の秘宝の入手と密売に関する助言を与えた。


飲酒癖と高齢のため標的としての重要度はやや低いが、山賊団の全メンバーは重視されているので、逮捕または排除が求められる。


作戦メモ:

アントニウスは様々な弱点を抱えているようだが、最も顕著なのは賭博中毒だ。彼を探すより、衛兵を付近の賭場に配置するのが賢明だ。同様のクズどもが集まりそうな場所を狙え。最近はクラッグスレイン洞窟において、この種の活動が盛んだと言われている。調べる価値はあるかもしれない。



bottom of page