top of page

賞金稼ぎのメモ



あのブレトンに最初に会ったのは宿屋「デッドマンズ・ドリンク」だった。ワインの瓶の中に入ってるものを考えると、まるで詩のようだと言っていた。


私は詩なんて分からない。いくらもらえるのか知りたかっただけだ。もらえるのは結構な額だった。ゴールドだけで十分だったのに、彼は鎧も受け取ってほしいと譲らなかった。


こんなに高価なものを渡してしまう理由が分からなかった。でも彼は、それが話を広める助けになると言っていた。死人に身を守る品は必要ないとも。本当に死ぬわけじゃないと思い出させてやってもよかったが、「愚者と金は」なんてよく言うじゃないか。だから私たちは握手を交わし、彼は酒を飲み干した。


次の日、私は彼を倒した賞金稼ぎとして街に乗り込んだ。そして奴らは、彼を墓地に埋めた。彼の言っていた通りに。


宿屋で彼を掘り出す必要があるか尋ねたら、その必要はないと言われた。他の奴がやるそうだ。



bottom of page