top of page

生者の蘇生



生者の蘇生



著者

シャグラブ・ギルガー




「どうして墓場で暮らすの?」


子供はオークのマントに飛びついて、そっと引っぱった。答えてもらおうと、できるだけのことをしているのだ。


「皇帝がブレイズを側に置くように、私たちは死者を置くんだ」


「じゃあ杖は? あれは何のため? 強力なの?」


「あれは強力なものだ」とオークは答える。「かつて魔術師ヘイズドキのものだったんだ。並ぶ者なき偉大な魔術師だったそうだ」


「並ぶ者がなかったんなら、どうして死んじゃったの?」


オークはちょっと杖の頭を見た。あたかもヘイズドキ自身の答えを待つかのように。しかし、その顔はいたずらっぽい眼差しで固まったままだった。半分笑っているような、バカにしているような表情だ。彼に代わって彼女が答えねばなるまい。


ウフクル・ギルガーは答えに満足するまでの10年、同じ問いを考えてきた。その期間のほとんどにおいて、彼女の人生はヘイズドキの人生に酷似していた。自分に挑みうる者を探す旅を続けていたのだ。掟が彼女に杖を遺し、運命が彼女に杖を振るわせた。だが、宿命が味方していても、杖はほとんど慰めにならなかった。杖が描く結末を知っていたからだ。


「ヘイズドキのように強力な魔術師を殺せるものは一つだけ」彼女は答えた。


「クリフ・レーサー? 魔法の剣? アンデッド?」


「時間だ」


彼女は経験を語った。時間は虚無を糧にしてあらゆるものをはかなくする。過ぎ去ってしまえば、満足は退屈へ姿を変え、愛は孤独へ色あせる。


死霊術師として彼女には死に挑む術があったが、生に対して同様の手立てはなかった。


もしかすると、すでに答えを悟っていたのかもしれない。答えは魔法でなく、止まることない時間の歩みを遅らせる子供だった。母となった今、孤独はもう彼女を苦しめない。それさえ一時的なものであるにしても。そしてちょうど彼女の父から杖を渡されたように、時がくれば息子へ同じようにするつもりだ。ヘイズドキが魂を杖に結び付けた理由はそこかもしれなかった。そうすることで、それを振るう者と彼の魂が一つになれる。


ウクフルは杖を子供の手に乗せ、彼が墓を駆け抜けていく姿を見た、まるで鈍器のように杖を振り回しながら。この子が同じ呪いから解放される可能性はある。彼の祖先と、その前のヘイズドキを苦しめた退屈という呪いから。モロウウィンドは多くの偉大なウィザードの故郷だ。あそこには骨のある挑戦者がいるかもしれない。


いなかったとしても、次の子供のための時間は十分にある



bottom of page