top of page

見知らぬ者のメモ



仕事のために来たのだな。


何のための仕事かはわかっていなくとも、興味があることは確かだろう。大丈夫だ。まだすべてを知る必要はない。


ボリーの家に金庫がある。ベッドの横の化粧台に置かれている。どうにかしてその金庫を破ってもらいたい。中に今回の仕事の指示が入っている。


-- 見知らぬ者



bottom of page