top of page

ヴァルーン家

INTRODUCTION DATA

孤立主義者の創設者、ジナン・ヴァルーンの信条に傾倒した神政勢力

DATA

派閥

ヴァルーン家


孤立主義者の創設者、ジナン・ヴァルーンの信条に傾倒した神政勢力


ヴァルーン家は2190年頃にニューアトランティスを発ったとあるコロニー船が由来とされており、2230年に有人星系に姿を現した当初、「自分たちの目的は神であるグレート・サーペントの言葉を広めるだけ」と主張、有人星系に対して平和的な姿勢を示していましたが、2240年「大蛇の神の名のもと」に、他の人類に対して総力戦を宣言し、2263年に創設者が死亡するまでの23年間「サーペントクルセイド」と呼ばれる惨劇を有人星系各地にもたらしました。


2263年の創設者死亡後、後継者ジャレクに引き継がれたことで和平への道を歩み始めましたが、ヴァルーン家の一部の狂信的な勢力は休戦を拒絶し、今も有人星系にとっての人的脅威とされています。




■神楽殿メモ

ヴァルーン狂信者「ダズラにはもう何年も行っていない。どんなところだったか。」


bottom of page