top of page

ある助産婦の物語 第1部

「Berenise Apameによる物語(第1部)」


正しい扉がどれかわからなかった。叫び声を聞くまで。私を迎えに送られた少年は、私が泥の地面に触れないように悪戦苦闘していた産膜椅子を運ぶ手助けすらしてくれないひどい案内役だった。彼は十分に力強く見えた、牛のようにがっしりしていたが、むしろ彼は私の後ろを不安そうに見つめながら、家と家の間を行き来していた。一列に並んだ小屋のそばを通り過ぎるにつれて。


「あの家だ、少年。ドアを開けろ。手がふさがっているのが分からないのか?」


私が後ろからついて行く間に、彼は前に走り去った。革のかばんを一つ手に持ち、もう一つの手に椅子を持っている。もちろん、彼はドアを開けなかった。彼は丁寧にノックするだけで、もう一つの悲鳴が中から響いた。息をつく暇もなく、私は彼をそばに寄せ、ドアのハンドルを動かし、暗い室内に足を踏み入れた。その椅子を置いていくことができて本当に安心した。すでに肩が痛んでいたが、それについてくよくよする暇はなかった。床に座っている若い女性がいて、そのスカートは彼女の下にある産膜の水たまりで濡れていた。彼女の夫が心配そうにうろついていた。


「さあ、急いで、少年。私が彼女を椅子に座らせるのを手伝ってくれる?」


遅い。可哀想な少年は既に逃げていた。恐らく、これから起こることが戦場よりも恐ろしいと思っていたのだろう。ため息をつきながら、私はまもなく母親になる女性に近づき、スカートを持ち上げた。時間をかけるわけにはいかない。彼女が床にいるしかなくなる。


「さあ、大丈夫、勇敢だね。立ってみせて。さあ、手伝ってあげるわ」


彼女の夫は後ろに下がり、私は彼女の脇腹を引っ張り上げた。彼女の顔は苦悶の表情で、背骨は湾曲していた。彼女が立っていると、私は椅子を彼女の近くに引いた。それは百人の子供たちの出産を見守った頑丈なものだった。座面と背もたれは革で覆われており、下部には深いくぼみが彫り込まれていた。大工は、私の肩に付けられた光り輝く銅のブローチと同じく、背もたれにAeasの太陽のエンブレムを彫り込んでいた。


やっと座ったところで、私はかばんからスポンジを取り出して彼女の額に押し付けた。


「ほら、もっと良くなったでしょう。名前は何ですか、可愛い人?」


「ラー... ライア」と彼女は苦しみながら言った。


「ライア。素敵な名前ね。私はベレニス。さあ、もうすぐだから、もう少し勇敢で深呼吸をして。」私はかばんからボウルを取り出し、彼女の夫に向かって投げた。「水を入れてきてくれる?」


ライアは歯を食いしばって、またうめいた。私は彼女の進行状況を確認するためにスカートを持ち上げた。


「早く、赤ちゃんが生まれてくるわ。」私は彼を行動に促した。「さあ、ライア、押して!力を込めて押して」


ライアの唇が白い歯を剥き出しにした。彼女はうめき、がんばった。


「もっと頑張って、ライア、それよりも頑張れるはずよ。強くなりなさい。押して!」


彼女は溺れるように空気を飲み込み、大声で吐き出した。彼女の体は完全に硬直して押し出した。


「そこ、頭が見えてきました。押すのをやめて。どこに水があるんだ?赤ちゃんが出てきますよ」安心した。ライアは強い女性だった。彼が私の隣にボウルを置いた瞬間、赤ちゃんは母親のから私の待つ手にすべり出た。


「女の子だ」私は微笑んだ。


赤ちゃんが生まれると、母親の体液で作られたねばねばした膜に覆われます。この体液が赤ちゃんの鼻を覆い、口を埋めることがあります。したがって、子供が呼吸できるように、これを取り除く必要があります。時には、赤ちゃんをお尻に叩いて呼吸させる必要がありますが、今回はそうではありませんでした。私が彼女の顔を拭いた瞬間、ライアの新しい娘はゼーゼーと泣き始めました。本当に、これ以上幸せな音はありません。


私は彼女を膝に抱きしめ、次に出産用のへその緒に集中しました。これは、赤ちゃんを母親につなぐ長い肉のロープです。このへその緒を切らなければなりません。しかし、これをすると母子ともに命を危険にさらす出血が起こります。したがって、へその緒は2か所で挟み、その間を切る必要があります。これをするには、へその緒をしっかりと締め付け、結び目を作ることができる強い糸が必要です。それができれば、鋭い刃物で切るだけで済みます。


「彼女は健康ですか?」ライアが息を切らして尋ねました。


「ああ、彼女は美しいです」と私は新しいリネンで赤ちゃんをくるんで、彼女を母親に抱かせるために彼女を持ち上げました。「彼女の名前を選びましたか?」


「ニア…彼女の名前は―」ライアが驚きと痛みで叫びました。


ひとたびマウスのように素早く、私は赤ちゃんをくるんでいるライアから取り上げ、彼女の夫に渡しました。「何が問題ですか?何が起こっていますか?」


再びライアの前にしゃがみ、中をのぞいた。彼女はまだ分娩中でした。「2人目の赤ちゃん。双子です。強く押してください、ライア、あと一押しです」。その後に続いた叫び声は、正直言って私を驚かせるものでした。彼女がそれを持っているとは思っていませんでした。「もう一度!そのまま押して!」


ライアがうめき、押しました。そして、2番目の赤ちゃんが来る兆候が最初に見えました。しかし、何かが違っていました。それは頭ではなかったのです。赤ちゃんが逆さまに出てきていました。


「もう十分です、ライア。押すのをやめてください。」


私は注意深くなければなりませんでした。適切に分娩されないと、母親と赤ちゃんの両方が死んでしまうかもしれません。こうした状況では、赤ちゃんが詰まらないようにガイドすることが必要です。詰まった場合、私は赤ちゃんを子宮の中に戻し、回すことが必要になります。しかし、それをするとへその緒が赤ちゃんの首に巻き付き、絞首台のようになる可能性があります。そうなった場合、私は母親を切開しなければなりません。それはほぼ確実に死刑宣告になるでしょう。


私の指を使って、母親の中に滑り込み、赤ちゃんの腰に圧力をかけ、そっと横に回転させました。それが斜めになっているときだけ、私は最初の足を解放できました。それからまた回し、体をとても注意深く逆の方向に回し、2番目を解放しました。


「何が問題ですか?」ライアが息を切らして尋ねました。「どうして出てこないのですか?」


「シッ、大丈夫です。彼は上手に進んでいます。こちらは男の子です」と私はできるだけ穏やかなトーンで答えました。「今半分終わりましたよ」。


私は赤ちゃんの腰を握り、彼を脇の下まで引っ張り出しました。その後、もう一度体を回して、両方の手足を解放し、両方の腕が出たら、すぐに頭が続きました。2番目の赤ちゃんが泣き声に加わりました。アエアスに感謝、彼は生きていました。


彼を拭いて、へその緒を結んで切り、新しいリネンで包みました。彼を母親に手渡そうとしていた時、彼が泣くのを止めたことに気づきました。


もう?


彼は動いた。息をしていた。目が開いているのも元気そうに見えました。まるで磨かれた金貨の色の目で、私をじっと見つめていました。まだ生まれて間もない赤ちゃんには、とても奇妙な見つめ方でした。彼の目は好奇心に満ち、集中していました。私はこれまでに1人の新生児がこんな風に奇妙に見つめたことを思い出せませんでした。


「どうしたの?なぜそんなふうに彼を見ているの?」


「何も!何でもない。ここ。」私は男の子を母親に渡しました。「ああ、私の愛しいライア。あなたのためにとてもうれしい。2人の健康な子供。ああ、そしてあなたもとても勇敢だったわ。」


「ルー、彼の名前はルーだよ。」ライアが微笑んで、彼を胸に抱きしめました。12年間の助産師の経験と、思い出せる以上の子供たち、このような瞬間は決して私の心を動かす力を失いませんでした。そして、ライアの胎盤が彼女の子宮から解放されたとき、私は彼女の息子の奇妙さを完全に忘れていました。夫の助けを借りて、私たちはライアをベッドに運び、私は残された散らかりを片付け始めました。その後、椅子とかばんを取り、耳に感謝の言葉と重い財布を持って立ち去りました。


「もし乳母が必要なら、いつでも私を呼んでください。」


彼女がそれを必要とするとは疑わなかった。5人の赤ちゃんを世話することができる女性も知っていましたが、ライアは若く、生き生きとしていました。2人なら彼女はうまくやるだろう。


それでも、丁寧に申し出るのは礼儀正しいことだった。だから、次の日、私のドアにノックがあって、返すべき緊急の召喚があったとき、驚いたでしょう。小さな小屋に入ると、もぞもぞとしたリネンの束が私の腕に押し付けられました。


「持っていって。ただ持っていって!」


「アエアスの名において、何が問題なのか?」私は抗議しました。


赤ちゃんは不快そうにグズりました。私はすぐに彼に食事を与えることにしました。神よ、彼は空腹だった。彼が私を見つめました。最初に見たときに驚くほど印象的な金色の目は、1日後にはさらに優れていました:大きく、はっきりとして、そして、私が言ってしまいたい、年を経たようなものでした。私は決して迷信深い女性ではありませんでしたが、その目の奥に一生があるのを見ました。それは私が説明できない概念でしたが、私の魂の奥底でそれが真実であると知っていました。


「見て!あなたも感じているわ。あなたの顔に書いてあるのがわかるわ。彼は呪われているの!私のかわいそうな赤ちゃんが呪われているの!」


「ライア、何を言っているのか全く分かりません。彼はただの赤ちゃんです。普通で健康な赤ちゃんです。」


とても空腹だった赤ちゃん。彼女は彼に食べさせていましたか?彼の肌は健康的な色でした。実際、彼は明るく輝いていました。


「彼は呪われている!あなたが彼に呪いをかけたのよ!私はあなたがそうしたのを知っているわ。今すぐ持っていって、他の誰も呪いをかけないように。」


私の顎が落ちた。長年の間、こんなことで非難されたことは一度もなかった。しかし、私が気を取り直して抗議を申し出る前に、彼女の夫が叫んだ。「彼女の言うとおりだ。さっさと立ち去れ。二度と戻ってくるな。」彼は私を家から追い出した。ドアがバタンと閉まり、赤ん坊が泣き始めた。


私には自分の子供はいないが、ほとんどの人生で赤ん坊の出産と世話をしてきた。騒がしい赤ん坊の音は、私にとってただの騒音にすぎない。赤ん坊は何かを求めて泣く、イライラする、ただ自分の声を聞きたいから泣く。この見知らぬ子、ルーが出した泣き声は違った。親または長い間子供を世話している人しか認識できないものだった。それは真の苦悩の音だった、恐怖と痛みの音だった。


「さあ、ルーちゃん。大丈夫よ。私は君を傷つけないから」と私は呟いたが、効果はなかった。


近くの人々が頭を振り向けて何が起こっているのかを見た、ほとんどが女性だった。私のように、理解している母親や父親たち。私は何ができたか、彼を抱きしめて安心させようとしたに過ぎない。彼はおそらく自分の両親が彼を拒絶したことを理解していないだろう。


彼は叫んだ。泣いた。自分の小さな手足を必死に振り回した。そして、私の家に戻るまでずっと。


彼は疲れ果てて泣き、不安定な眠りに落ちた。目を覚ますと、彼は慰められることがなかった。私は徹夜してAeasに祈った。そして、その騒音は私が耐えられる負担であったが、心の中の恐怖は耐え難かった。彼は食べない。食べなければ弱くなり、食べなければ鈍い頭になるだろう。Aeas、あわれんでくれ、彼は死んでしまうかもしれない。彼が自分の意志を失うまで待たなければならなかった。


しかし、彼は失わなかった。彼の苦痛は一日中続き、夜通し続いた。朝の最初の光が私の窓から差し込み、私は私も自分の意志を失わないようにしなければならないと決心した。私はLaiaに戻り、彼女の狂気を諭すべきだ。彼は奇妙だが、それでも彼女の胎から生まれた子供だ。私は奇妙な出産の話を聞いたことがある、妖精や呪われた胎から滑るように生まれた者の話を。角や尾を持ち、真っ黒な目を持ち、それに合った魂を持つ異形のもの。しかし、これらは愚かな話だった。真の妖精は南の島に住んでいた。カンビオンは野生の獣人にすぎなかった。


彼女に理性を見せなければならない!


そして、ルーを抱いて、最後の一度だけLaiaの家に向かった。ルーは一緒になってずっともがき続けた。彼の悲痛な叫び声は、もう少し静かになっていたが、それでも必死であった。私の不安は怒りに変わり、私がドアを叩いたとき、その愚かな女を頭の上で叩く自分を想像した。私は彼女に理性を見せる!


Laiaの夫がドアを開けた。「ああ、君か。中に入っておいで、ナイアに何かあるようだ。」


私は自尊心を保つために深呼吸し、心の中で黙って数えたが、ルーが小さな腕を振るった。諦めて、中に入って、まっすぐにLaiaがナイアを抱いて寝ているベッドに向かった。


「彼女は食べないの。ただ泣き続けるのよ。全然食べないの」とLaiaの声が途切れた。


その可哀想な女性は疲れ果てており、何もかもにもかかわらず、私は彼女に同情し始めた。ニアもまた苦悩の中にあったが、私が近づくと、彼女の苦しみはろうそくが消えるように止んだ。泣き声は甘い言葉に変わり、私の心を小さな水たまりに溶かした。


「ほら、ニア。私たちを待ってたの?見てごらん。どれほど美しいのか。お母さんのためにいい子にしてね」と、そんな光景に見入っていると、ラーが落ち着いたことに気づかないほどだった。彼の腕はまだ野放しに振り回されていたが、違った。それは幸せで、興奮した小さな仕草だった。「そうよ、私たちは戻ってきたの。無事に家に帰ってきたの。今はすべて大丈夫なのよ」。


私はラーに乳房を差し出し、ライアも同じようにニアに差し出した。そして、アエアスに感謝する、彼らは両方とも食べ始めた。


「ああ、ただお互いを恋しく思っていたのよ」と、ライアがにらみつけた。夫は外に出ていったので、私は快適な椅子に座って、子どもたちが食事をする間、古い曲を口ずさみました。両方とも、満腹になるとすぐに眠りについた。


「少し彼を抱いてみませんか?」と、私がライアに提案すると、彼女は私に不満そうな目を向けた。


返事するほど疲れていたので、私は無言の祈りを捧げ、うとうとと眠りに落ちた。時間がこの家族を癒してくれるかもしれない。その間、私は単に短い平和に感謝しなければならないだろう。



​出典:OnceLost Games
bottom of page