タムリエル図書館

The Elder Scrolls Book Library

ジウブの手記(9ページ目)

苦闘したが、最後にはどうにか立ち上がることができた。新たな環境の薄暗さに目が慣れるにつれて、私は自分がヴィベク王その人の前に立っていることに気づいた。王はただ私を見つめていた… 玉座の上に浮かび、鋭い眼差しで私を見ていた。敬意を表するためにひれ伏そうとすると、王は必要ないと言うように片方の手を上げた。私は死んだのか? ヴィベク王の機嫌を損ねはしなかったろうか? やや卑しい

From ID
02014018
​Editor ID
DLC1VQSaintPage09