タムリエル図書館

The Elder Scrolls Book Library

無類の味わい - 署名付き

古き良き友のアントンへ



何年も前のことになるが、私がハイロックを訪れた時にお前とヴィレイン家の皆が親切にしてくれたことは一生忘れない。あのころは2人とも若くせっかちな上に馬鹿で、あの時代は我々皆にとって危険だった。しかし、今はもちろんのこと、当時から我々の戦場は台所だということを既に気付いていた。我々の剣はスプーン。敵は空腹感だ。



そして、お前の導きと友情のおかげで、ブレトン料理の素晴らしさをタムリエルの人間達とも分かち合うことができるようになった。この料理本はレシピを集めた物というだけでなく、私のライフワークの集大成であり、強い情熱の証でもあるんだ。



食を共通項に持つ友人



美食家より





無類の味わい



美食家 著


おめでとう!



この本を開いたことで、広範囲に渡るブレトンの食事とそれにまつわる無数の楽しみや不思議を帯びた壮大な旅への第一歩を踏み出した。これからありえないと疑いたくなるような絶妙な香り、味、食感と出会うことになる。だが、本当にありえるおいしさを超えているんだ!



この調理本で紹介されている慎重に選ばれたレシピに沿って調理すると、いつもと変わらない手間で特別な料理を作れてしまい、実は何か魔法が使われているのではないかと疑ってしまう。だが、使われている魔法はあなたの心の中に存在する簡単に、そしてずっと長く楽しんでもらえる、おいしくて驚きの詰まった料理を作ろうとする情熱だけ。



さあ、ここから始めよう。そうすれば、あなたもいつか美食家になれる!




サンライト・スフレ



材料



- 牛のチーズ 70グラム


- バター 30グラム


- 小麦粉 30グラム


- 牛乳 255ミリリットル


- 塩 少々


- コショウ 少々


- 挽いてあるナツメグ 1カップ



調理方法



- オーブンの火をかき立てて中くらいの温度まで上げる。



- しっかりと磨き上げられたエルフのダガーを使ってチーズブロックを削って粉状にする。



- 卵は卵黄と卵白に分けて、卵白がしっかりと泡立つまで力強くかき混ぜる。



- この料理の特徴となるサンシャイン・ソースの準備を始める。バターを溶かして小麦粉を混ぜ、きちんと混ざり合うまでかき混ぜ続ける。混ざった物を弱火に移し、静かに牛乳を注ぎ入れる。ここで極めて大事なのは混ぜるのを止めないこと! これを粘土が強くなるまで10分間続ける! これでようやくサンシャイン・ソースの準備が整った。



- 塩、コショウ、ナツメグを加えて火から降ろす。



- 粉チーズを加えてから卵黄を加え、完全に混ざり合うまでかき混ぜる。完全に混ざったらヒッコリーの木を削って作ったスプーンで静かに卵白を加える。



- 石でできたスフレ容器に生地をゆっくり流し入れ、容器の一番上近くまで(でも一番上までではない!)生地で満たす。



- ちょうどいい温度になっているオーブンの中に容器を入れてドアを閉める! 25分間そのまま開けないこと。でないときれいな膨らみは見られず、オーブンの底まで生地がへこんでしまう。



- 25分経ったらオーブンから出して、すぐそのまま食卓に出す。



見よ、このサンシャイン・スフレの素晴らしい膨らみと極上の味を!




ポタージュ・ル・マグニフィーク



材料



- チキン・ブロス・スープ 4カップ


- ビーフ・ブロス・スープ 4カップ


- バター 70グラム


- 小麦粉 1木製フラゴン


- さいの目切りにしたニンジン 1カップ


- さいの目切りにしたタマネギ 1/2カップ



調理方法



- 直火をたいて、弱火を作る。



- 全部の材料を大きなスープ鍋に入れる。



- しっかりかき混ぜる!



- 1度沸騰したら、すぐに陶製のスープボールに注ぐ!



見よ、これが美食家の代表料理--ポタージュ・ル・マグニフィークだ!



だが待て。あなたが不思議に思っていることはわかっている。「それだけ? それしかでいいのか? 美食家の秘密って何なんだ? とね」



私が自分の1番人気料理の秘密を、本当に教えてしまうと思うか? 聞いて驚くなよ? 教える! その秘密は、親愛なる諸君、あなた方自身が鍵だ! そう、ポタージュ・ル・マグニフィークはおいしく、また風変わりだ。このリストに載っているシンプルな材料だけで、愛情のこもったおいしいポタージュを作ることができる。ポタージュ・ル・マグニフィークを本当に最高の物にするには、本当に素晴らしいシェフが必要なのだ。あなたにその才能はあるだろうか?



これまで、ポタージュ・ル・マグニフィークを提供して大の男をうれし泣きさせたことがある。あなたに私が何を加えたのか当てることはできるだろうか? あなたは… 魔法をかけることができるだろうか?

From ID
0006851B
​Editor ID
DB08Cookbook