top of page

タムリエル図書館

The Elder Scrolls Library

From ID

000CC86A

​Editor ID

DB06MaroDadLetter

父からの手紙

我が息子よ


ペニトゥス・オクラトゥスは我々の誉れ高き皇帝のスカイリムへの旅の間、皇帝の安全を確保するために、その地方のすべての町の安全を確かめなくてはならない。この実現のためペニトゥス・オクラトゥスの役人を命令する権利と特典を与え、お前を私の遺産管理人に任命する。私と声をそろえて発言し、手をとり合って管理する権限を与える。


ガイアスよ、これは私一人ではできない。ドラゴン・ブリッジや他の場所で終わらせなくてはならない仕事が山ほどあるし、皇帝が到着する前に多くのことがさらに手配される。単に今すぐ旅に出る時間がないのだ。しかし、お前に割り当てた任務がどれほど重大なものであるかは分かっているはずだ。皇帝がスカイリムに到着したら、気まぐれでどこかの町を訪れるかもしれない。もしそうなれば、皇帝に起こりうる危険に対処できるよう我々ペニトゥス・オクラトゥスは町中の警備が十分行き届いているか確かめなくてはならない。


我が愛する息子ガイアスよ、お前はペニトゥス・オクラトゥスでは新顔だが私には信用できる者が必要だ。皇帝の安全とペニトゥス・オクラトゥスの栄光、そしてマロ家の名誉のため任務を遂行せよ。


上官(であり愛する父)


マロ指揮官


bottom of page