タムリエル図書館

The Elder Scrolls Book Library

オブリビオンの水

オブリビオンの水


虚空の中、百二十年もの月日の間、その命運暗き一族は邪悪に染まっていった。そして眩しき神々たちがその信心欠く者たちを罰しようと決め、荒れ狂う卑劣漢や、冒涜を繰り返す巨漢たち、光を汚す者たちを打ち砕いた。彼らはオブリビオンを覗き込み、そこで初めて暗き一族を目にし、それらを兄弟姉妹として迎え入れたことを心の底より悔いたのであった。


勝利せし諸世界は迷える魂たちの邪悪ぶりを目にし、それらが臆することなく罪を重ね、策略に長けていることを知った。そしてこのことよりデイドラの諸族を処罰し、暗き一族に鉄槌と鉄拳を下すことを決意したのであった。


それでもなお、闇は永劫に光と争い続け、虚空を吸い互いを破滅に追い込まんとする力は強大であり、その嫉妬と背信の深さゆえ、それらを縛る誓約などなかった。一度門が開かれてしまえば、押し寄せる潮に抗ってそれを閉じられる者などいずこにあろうか。

From ID
0001AD17
​Editor ID
Book4RareWatersofOblivion