top of page

The Elder Scrolls Library

タムリエル図書館

日記2

私が再びここから泳いで出てくるところを捕まえたとしたら父は怒るでしょう。しかし、我慢できないのです。フォースウォーンとしては珍しいでしょうが、私は肌に触れる冷たい水の感触が好きなのです。それに戦争の中、あの野蛮な者たちが安全なテントから離れるなんて大胆なことはしないでしょう。だから、もう1度例の特別な場所に向かおうと思います。

bottom of page