top of page

執政のメモ



[プレイヤー名]、


秘密にして申し訳ないが、首長の目の前で話すわけにはいかなかった。信憑性に欠ける話だし、それでなくても首長は手一杯なのだから。


先週初めに、匿名の情報源から首長の暗殺計画に関する情報を得た。


脅威は深刻に受け止めるべきだが、この情報の信憑性は判断が難しい。最近は問題続きで、自分で調査する暇もない。


そこで、アルカディアの大ガマに向かって台帳を調べ、怪しい購入履歴がないかどうかを確かめてもらいたい。特に、毒だ。台帳の写しをカウンターに置いておくようアルカディアに頼んでおいた。それに目を通し、ここ数日で誰が毒を買ったか調べ、購入理由が正当なものかどうかを確かめてもらいたい。その間には料理人たちに食料、ハチミツ酒、食べ残しのパンくずを調べさせて、毒で汚染されていないか確かめさせよう。


調査の結果何も出て来なければ、この情報は嘘だったということになる。首長も当分の間は安全だ。だがそうでなかった場合は、あなたのような名声の持ち主に素早く対処してもらいたい。



bottom of page