LOST PLANET:雪原に燃えゆる戦場

重複三角形


​関連動画

ガルーダ隊の軌跡サムネイル01.jpg
ガルーダ隊の軌跡サムネイル01.jpg

第0話:プロローグ

雪原に燃えゆる戦場 第0話:プロローグ


実験年代 T.C. -80 人類は住み慣れた土地を離れ、『EDN-3rd』における入植実験を開始。

実験の進行とともに入植受け入れの施設も建設され、入植事業は飛躍的に進歩していたかに見えた…


入植の途上発見された生物AK(エイクリッド)は入植してきた人類に敵意をあらわにした。

AKの襲撃に対し有用な武器を持たぬ人類はやむをえずEDN-3rdから撤退した…


しかし、撤退に際して人類はAKがその体内に宿すサーマルエナジー(Tエナジー)の存在を確認する。

枯渇する旧資源に代わる新資源、人類にとってそれは諦めきれるものではなかった。


人類はAKに対抗すべくVS(バイタルスーツ)を開発 VSを携えてEDN-3rdでの入植実験を再開した…

第二次入植が開始されてから二十二年、VSというAKと拮抗する武力は得たものの、AKを倒す以外にTエナジーを効果的に得る方法は未だ確率されていなかった。