top of page

フォールアウト図書館

Fallout Library

​Editor ID

PublickOccurrencesArticle02

歩み続けること


歩み続けること

著者

パイパー・ライト


もう議論の余地はない。マクドナウ元市長は人造人間だった。権力と影響力を行使してダイアモンドシティとその内部に住む人々に甚大な損害を与えた、インスティチュートに支配されたエージェントだった。支配者に捨てられた今では、彼が阻止されなかった場合にあとどれほど多くの人々を傷つけたり殺したりしたかを知るすべはない。


厳しくても、これが真実だ。マクドナウの嘘の全容解明に、長年周到に仕組まれた破壊工作からの回復を始めることにすら、どれほど長い時間がかかるか予想もつかない。壁は本当に安全なのか? ダイアモンドシティの失踪者がどうなったのかを知る時は来るのか? 市長の役職をいつか他の誰かに任せられるのか?


ダイアモンドシティの皆が、認めようと認めまいと、インスティチュートの攻撃を恐れながら生活してきた。今それが起きている。町はまだ存続している。日常は回り続ける。我々はいまだに働き、食べ、眠り、より良い明日を願っている。


まだ恐れているのか、ダイアモンドシティ?


bottom of page